女性からモテる方法を具体的に解説しています。もてないからもてる男に変わる具体的な知識をまとめました。

女性にモテる方法を伝授!もてる男に変身できる!

モテる方法

自然に出会いが増える!ジムは最高の出会いの宝庫!

投稿日:

婚活・恋活に励む男女にとって、異性との『出会いの場』は非常に大切です。

社会人ともなれば、多くの時間をとられるのは仕事。その仕事や職場関係で相手を見つけられないときには、自ら出会いの場へと繰り出していくことが必要になります。

今回、出会いの場として強く推したいのが『スポーツジム』

選ぶジムによっては少々高い出費になりますが、それに見合うだけのきっかけやチャンスが転がっているのも事実なのです。

しかし気を付けておきたいのは、出会いの場として成立するのは企業が運営しているジムだということです。公営のジムは非常に経済的ではありますが、高齢の利用者も多く、恋愛や結婚の相手を探すのには向いていません。

以下では、ジムで異性と出会うためにはどうすればいいか?解説していきたいと思います。

どうして『ジム』で出会いがある?

まず、一番気になっているはずの「なぜジムで出会えるの?」という疑問にお答えしますね。

話題が見つかりやすい

男女が親しくなるために、最初に必要になってくるのがシェアできる話題や共通点。

ジムに通っているのなら、トレーニングという共通項が必ずあります。ですから、探り探り食いついてもらえそうな話題を見つける…といったステップは踏まなくてOK。

ジムやトレーニングを話題にすればいいので、とても声がかけやすくなります。これはとても大きなメリットですよね。

同じ意識を持っている一体感

異性から見て、ジムに通っているあなたは「トレーニングをしたい人」という存在です。そしてトレーニングをしたいのはその異性も同じ。

つまりジムに入った時点で共通点があり、一定レベルの共感や一体感があるのです。

シンパシーを感じる相手とは距離が近くなりやすいもの。共感しあいやすいジムは、出会いの場にぴったり…というわけです。

ばっちりアピールできる

ジムでトレーニングに励む人であれば、引き締まった体や、トレーニングを重ねた体を魅力的と感じる可能性が高いです。ジムという空間の中で、こういった感性を持っている人は非常に多いと推測できますよね。

仮に、既にある程度引き締まった身体をもっているなら、それは効果的なアピールになるでしょう。気になる異性の目に入るようにトレーニングすれば、相手の印象に残れるかもしれません。

また、もしジムに入ったばかりで、身体がそれほど鍛えられていなくても落胆する必要はありません。真面目に筋トレに励む姿に悪い印象を抱く人はないですから、そのストイックさをアピール材料にするのもありですよ。

年齢層が婚活に向いている

公営以外のジムに入会すると、安くはない費用が必要です。つまりジム通いをしているのは、一定以上の収入がある社会人がほとんど。

さらにトレーニングという目的も踏まえると、ジムには20代~30代の男女が集まるのです。この年齢層は、婚活や恋活にジャストといえます。

ボクシングなどを扱う激しめのジムだと、入会するのは圧倒的に男性が多いでしょう。しかしスポーツクラブなら男女比はほぼ半々。偏りがないので異性と出会いやすいです。

また、トレーニングをして自分の魅力をあげ、婚活・恋活に励もうと考えている人も結構多いものです。そういった異性となら、より距離を縮めやすいでしょう。

顔を合わせる機会が多い

同じ人と何度も接触すると、よほど嫌な人でない限り、徐々に好感度や印象があがっていきませんか?この心理を『単純接触効果』とよびます。

ジム通いはルーチン化しやすく、たいてい同じ時間帯や曜日に足を運ぶようになります。すると、同じようなサイクルでジムに通う人と毎回顔を合わせるので、ナチュラルに心理的な距離が縮んでいくのです。

実際に声をかけたり、アプローチをする前に、だいぶハードルが下っていることもあるでしょう。

単純接触効果はジム会員同士だけでなく、インストラクターとの間にも働きます。

会員に特定の担当者がつくようなシステムであれば、インストラクターと顔を合わせる回数は多くなります。またトレーニング続けるほど、関係は密になっていくものです。

その関係性の上でストイックにトレーニングに励む姿を見てもらえれば、相手が心動かされることもあるでしょう。

ドキドキが恋に繋がる?

単純接触効果の他に、ジムでは『錯誤帰属』という効果も起こりやすいと考えられます。

錯誤帰属は、人と対面している際に脈拍が上がることで、そのドキドキを相手への恋愛感情と混同する…といったもの。

ジムで行うのはトレーニングや運動ですから、多かれ少なかれ心拍は上がりますよね。

運動による心拍の上昇と、異性との接触が重なったとき『錯誤帰属』が起こり、胸の高鳴りを異性への恋愛感情と勘違いするわけです。

これは実際、異性に惹かれて恋をしている状態とは異なりますが、何の気もなかった相手を異性として見るきっかけにはなります。そして距離が縮んでいけば、本物の恋心が生まれることもあるでしょう。

ご紹介してきたように、一見出会いと無縁そうなジムは、実は異性ととても出会いやすい空間なのです。

さて続いては、ジムという出会いの条件が整った場で、実際に異性と出会うためのポイントを押さえていきたいと思います。

どうやって出会いを成功させる?ジムでの婚活・恋活

トレーニングに打ち込む様子を見てもらう


本来ジムに通う一番の目的はトレーニングをすること、体を鍛えることであり、異性との交流は2の次です。

あからさまに『出会い目的です!』なんて雰囲気をまとっていると、迷惑がられたり、警戒心を抱かれてしまうでしょう。

ジムに通う以上は、しっかり真面目にトレーニングに打ち込んでください。真摯に何かに取り組む姿には、男性も女性も惹かれるものです。

よく合う人には挨拶を

先ほども説明しましたが、ジム通いはルーチン化しやすく、毎回顔を合わせる人も出てきます。もちろん相手もあなたの顔を覚えるでしょうから、これは大きなチャンス。

しかしいきなり食事やデートに誘っても、いい返事は貰えない可能性が高いでしょう。むしろジムでナンパをする軽薄な人という印象を与えてしまうかもしれません。

ですから、顔見知り程度になった後は、簡単な挨拶から始めてください。

相手が気付くか分からない会釈や小声での挨拶はNGです。ジムに通っているスポーツ人らしく、ハキハキさわやかに…というのを意識しましょう。

もし挨拶のタイミングが掴めないと思ったら、エレベーターやラウンジにいるときを狙ってみましょう。

トレーニング中はトレーニングが最優先にきていますし、呼吸が乱れていたり体に負荷がかかっていたり、挨拶からおしゃべりに持っていくのが難しいです。

しかしラウンジなどであれば、落ち着いてゆっくり話すことができます。これで『ジムでよく見かける人』ではなく『ジムで挨拶する人・話をする人』に昇格です。

難しく考えず「おつかれさまです!」くらい軽い挨拶をしてみるといいでしょう。たった一言が仲良くなるための一歩なのです。

ワンランク上の存在に

ジムに通っている人が、トレーニングをつんだ身体・人を格好いいと考えている可能性は非常に高いです。そのため異性からの視線を集めるには、ワンランク上のジム会員になるのが効果的でしょう。

ようはトレーニングをつみ、トレーニングに詳しくなることです。インストラクターが不在の際に軽い手助けや説明をしてあげられるといいですね。

恩着せがましくならないようにさえ気を付ければ、頼りがいのある人として、好印象を残すことができるはずですよ。

異性との出会いを頭に置きつつも、トレーニングにしっかり取り組み、知識と筋肉を蓄えていきましょう。

清潔感を持つ&過度な露出はNG

20~30代であれば、年齢が高い世代よりも、外見やファッションに印象が大きく左右されます。自分も身なりに気を付けるでしょうし、恐らく相手もそうです。

ですから最低限、清潔感のある格好を心がけてください。あまりに適当なファッションだと、不潔感を感じさせてしまったり、センスがないと思われて、引かれてしまいます。

ハーフパンツに、家着のようなヨロヨロのシャツ…なんて以ての外です。また、タンクトップなどを着て鍛えた体をアピールしている人もいますよね。しかし女性は「男性の脇」を見せられることに嫌悪感を抱く可能性も高いです。

ですから袖のあるシャツを着て、身体を露出させすぎないようにした方がいいです。

時間帯・曜日を意識する

ジムに顔を出す時間帯や、曜日にも気を配ってみてください。

例えば月~金曜日の朝昼は、どうしても中高年層が多くなります。しかし平日でも夜であれば、お勤めからのアフターで若い層がどんどんやってきます。

加えて、週末にジム通いしている人は、お近づきになれる可能性が高いです。だって週末のお休みにデートをせず、ジムにいるんです。特定の恋人がいないと考えられませんか?

また平日と違い、日曜日の注目したい時間帯は朝~夕方ごろ。これは月曜から仕事を再開するため、夜は外出を控えたり、準備に時間を当てる人が多いからです。

まとめると、平日なら夜、土曜はいつでも、日曜は早い時間帯がいい!といえるでしょう。

ジム内の教室に参加する


ジムといえば器具を使った自由なトレーニングを思い浮かべる人も多いと思いますが、例えばヨガやエアロビなど、何らかの教室に顔を出すのもいいでしょう。

共通の活動をすることで、一体感が生まれます。難しかった、厳しかったなど共通の話題も生まれますから、自然と会話しやすくなるのも嬉しいところです。

さらに教室を受講している人は、教室に顔を出す頻度や曜日・時間帯を設定していることが多いです。すると、前述の単純接触効果もより起こりやすくなります。

出会いを台無しにする『ダメ』な振る舞いとは

ジムが出会いの場になる理由は、分かって頂けたと思います。しかしそんなチャンスを自ら遠ざけてしまう、ダメダメな振る舞いももちろんあるんです。

適当なトレーニング

トレーニングに真面目に打ち込まず、適当にダラダラ過ごすのはNGです。どう見たって格好悪いですし、むしろ印象は最悪です。

出会い目的なのが駄々洩れ

出来ればまずは、筋トレの話などを振りたいところ。容姿や服装を褒めるところから入ると『トレーニング』というジムに通う目的から大きくずれてしまいます。

真面目に筋トレにきている異性の立場に立つと、出会い目的なのが駄々洩れでは引くのが当たりまえ。距離を置かれてしまうでしょう。

同じ服装の話でも「そのウェア伸縮性が良さそうですね」など、筋トレを軸とした話題であれば、相手に警戒心を抱かせないで済みますよ。

トレーニングの邪魔をする

トレーニングの真っ最中に声をかけたりするのは、明らかなNG行動です。トレーニングに打ち込んでいるのですから、邪魔をするのは迷惑でしかありません。

また呼吸が乱れているときは、まともに会話するのも難しいです。ある程度仲のいい人でも避けるのが無難。

マナーを意識しない

ジムは皆の共同空間であり、決して自分のプライベートルームではありません。ですから当然マナーを守ることが大切です。

何か器具を使ったなら、自分の汗は拭いておく。乱暴な扱いはしない。器具を独占するようなことはせず、速やかに次の人に渡す…など、まあ当然の公共マナーを守ればいいのです。

こんな基本的なことが出来ていないようでは、当然印象は最悪。むしろ「トレーニングを行う」という共通認識をもっていると思っているからこそ、よりイメージが悪くなるでしょう。

がっつりメイクはNG

女性であれば、がっつりメイクは控えた方がいいでしょう。

トレーニングが目的のはずなのに、しっかりとお化粧をしていると、それだけで「第一目的がトレーニングじゃない」という印象を抱かせます。

こうなると、女性目当ての男性からは声をかけられやすいと思います。しかし真剣な交際や、将来的な結婚を考える場合、そのナンパ男性は本当に的確な人物でしょうか?きちんとトレーニングをしている男性の方が信用できませんか?

ジムでの出会い方まとめ

一通り読んでいただきましたが、どうだったでしょうか?

ジムは年齢層的にも、心理効果を狙うにしても、出会いに向いた場所といえます。

だからといってナンパをすればいいというものではありません。ジムという場所をよく理解し、自分を魅力ある人物として演出することが重要なのです。

今回紹介したポイントをふまえて、素敵なパートナーを見つけてください。

初対面でもスムーズに会話が盛り上がる会話スキルを公開!

⇒ 女性から好感を得られる会話術の音声解説はこちら

-モテる方法
-, ,

Copyright© 女性にモテる方法を伝授!もてる男に変身できる! , 2018 All Rights Reserved.