48歳独身男の本音を告白!

投稿者: | 2017年12月2日

48歳独身。結婚を諦めたと言いつつ、両親の老後や、自身の老後を考えると、たまに不安で眠れなくなります。

ところが、現代人にありがちな、鬱を患い、就労支援A型の施設で、社会復帰を目指し、細々と最低賃金で働く身。

正直、お金は全くありません。
デートや合コン・・・。

発症する前、特に、30歳前に結婚して、30歳までに子供を作るギリギリの年齢、27歳前後は、よく合コンに誘われていました。

お酒が入ると、気持ちが大きくなり、女性と色々話して、直ぐにデートまで。
ところが、デート当日、シラフの私は、嘘の様に全く話すことが出来ないのです。

途中で「帰る。この前と全然違うじゃない!」といった経験もしばしば。
それでも、誘われていた頃は、まだましでした。

30歳を越えたら、全くお誘いなし。
生活が荒んでいったのと、当時の仕事で、年齢的に一番忙しいのが重なり、鬱を発症。

現在に至ります。
思い返せば、不憫な人生だなあと。

結婚、やはり、諦めざるを得ないのか?
何かのきっかけで、ワンチャンスは無いのか?

その、ワンチャンスを期待するだけで、行動しないのが、そもそもモテない原因なんだろうなあと思う次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です